お気に入りのスヌーピーのコップを、落として割ったしまった。朝っぱらから何やってんだか、、
長時間帰路、お気に入りの明るいスプーンをボキッっと折ってしまった。
景品で当たったような食器は、ずいぶん割れない。そういったのは丈夫に作られている。
愛するものほど、はかなく壊れてゆく。
どうしても好ましいような、空間可愛くない模型のものは、敢然と食器棚に鎮座やるのだ。
壊れないから、もっぱら差し置くによって以外はない。
小児が以前に茶碗を洗っていて、気に入っていた食器を割った際
「何やってんのよおまあ!」ってたまたま語気を荒げてしまった。
ただしです、自分が割ったときは
「一旦ね、性質居残るものはどうせ砕けるんだからねえ、仕方ないねえ」
小児は、こういう不具合に怒るのだ。
けれども自分で自分の気に入ったものを自分の手落ちで負かした内ほど
口で言い訳しながら、スピリットでは
「余程!何やってんのよ自身、なるほどなるほど、自分に腹立つ」
自分にお腹が立つほど歯痒いものはない。
悔やんでも悔やみきれない。
たかが食器の一枚や二枚でおおげさな、というかもしれないが
ずうっといった毎日引きずってしまうのだ、
あきらめの悪賢いオバサンです。
それでも特に、これを機会に真新しい、可愛い模型の食器を貰う内ですわという
心を乗り換えるその速さも、オバサンです。
元来、壊れやすい食器という付き合い、それをきれいに洗うという
毎日の主婦としてのジョブ、これを続ける以上屁理屈という自責の情は
繰り返し繰り広げられるのだ。ハッピーマジックの気になる口コミはここ!